汎用性の高い言語を学んでおく

IT業界においてエンジニアをはじめとするIT技術職の人手不足が続いていて、人材の確保が重要な課題となり、転職先として魅力を感じている人も多いだろう。一般的にIT技術職は専門職であり他業種と比べて年収が高い傾向があり、個人のスキルや知識が仕事の出来栄えを左右するために、定年後もフリーランスなどで働き続けやすいのも魅力である。何よりも人手不足といった現状から採用される可能性が高いが、それでも企業側にも選ぶ権利があり、求めている人材は即戦力になれるといった条件が付くのだ。

では採用のために必要な技能はなにかというと、pythonなど汎用性の高いプログラミング言語をマスターしておくことである。pythonは大手企業で広く使用されている言語ですが、コードがシンプルで扱いやすく設定されていて、さまざまなアプリケーションで使用されているので、マスターしておくと心強い武器となるだろう。初心者にも比較的マスターしやすく、まずはこういったプログラム言語を覚えることが必要とされるのだ。

IT業界が人手不足といっても、ある程度の年齢になった人間を育てる余裕はなく、転職を考える際は最低限でもプログラム言語のひとつはマスターしておくとよく、その程度の下準備は必要になるのだ。そのうえで転職専門の企業を利用して行うのが良く、個人で活動するよりも好条件となる可能性が高いのだ。ただ採用されるためには個人の経歴も大事で、これまでの働き方が重要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です